エール第102話の無料動画と見逃し放送配信情報!吟の名言「才能って、大げさに聞こえるけど、普通の日常の中に転がってる」

エール第102話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 1026円 800円〜 1017円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 102日間 14日間 102日間 102日間 102日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第102話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 裕一は華の作ったおかゆを食べていた。

裕一が「うん。おいしい」と言うと、

華は「良かった。風邪は万病の元だからね。しっかり治してよ」と言う。

華は自分のやりたいことやりなさい

 音が「裕一さん!」と寝室に駆け込んでくる。

華が「お母さん。最終審査残ったんでしょう?」「練習一杯しないといけないんでしょう?」

「家のことも、お父さんのお世話も、私やるから」と言うと、

音は「それはいけません」と言って、華が水を取り替えてきた水まくらを取ろうとする。

華「なんで?」 

音「だって。これはお母さんのお仕事だから」と言って、華と水まくらを引っ張り合う。

音「華は自分のやりたいことやりなさい」華「別にやりたいことなんてないし」

音「若いのに、何言っているの」「あとはお母さんがやるから、かして」

華は不満な顔で自室に戻って、大きくため息をついた。

 翌朝、音は華のお弁当をつめている。

裕一が起きて来た。裕一は「ぐっすり寝たら、熱下がった」と言う。

音「良かった」「華のおかゆが効いたかしら?」

裕一「いやあー。優しい味でおいしかったなぁ」「華、よく気が付くねぇ」「いい子に育った」

音「そりぁー。私たちの娘ですもの」と言った。

裕一のサインのご利益?

 華はバンブーにいた。コーヒーにミルクを入れてかき混ぜていると、竹中がやって来る。

竹中は「こんにちは。伝説のミルクセーキをいただきに来ました」と言った。

保が「今日は丁度たまごが手に入ったんだ」と話した。

 竹中は華がいることに気が付く。

竹中は「ちょうどよかった。お父さんにお礼を伝えてほしいんだ」

「東京で一番強い高校と練習試合して、完封したんだ」

「また一歩。甲子園に近づいた」と話した。

華はうれしそうに「うわぁー。良かった。おめでとうございます」と言った。

竹中が「きっとお父さんのサインのご利益だと思う」と言うと、

華は「伝えときます」と答える。

華にも音楽の才能 あるんじゃないか?

 恵が「そういえば、裕一さん。体調大丈夫?」と聞いた。

華は「はい。もうすっかり」と答えた。

保「あっ。良かったぁ」「華ちゃんや音さんに移ったら、大変だからねぇ」

恵「音さん。最終審査。控えてるしね」と話した。

 竹中が「最終審査?」と尋ねた。

華は「今。オペラのオーディション受けているんです」

竹中が「オペラ?」と言うと、

華「母は歌手になるために、東京に出て来たんです」

「私が生まれたんで、学校も歌も辞めたけど、最近またやり始めて」と話した。

竹中は「へぇー。そうだったのか。凄いね」と言うと、

華は「別に凄くは・・」と言いかけた。

 竹中が「お父さんは天才作曲家。お母さんはオペラ歌手」「いやぁー。凄いよ」

「華さんはやらないの? 音楽」「華さんだって、音楽の才能あるんじゃないかな?」と聞いた。

華「ないですよ」「音楽。特に好きでもないし」と言うと、

竹中「やってみたら、楽しくなるかもしれないよ?」

「僕も、友達に誘われて、始めた野球だったけど、今では人生で一番大切なものになった」

と言った。

華は不機嫌そうな顔をして、「私 帰ります」「宿題あるんで」と言って、店を出て行った。

 華は家に帰ると、ベットに横になる。

そして「あ~ん。なんで私、あんな態度」「ばかだ。私」と言った。

音が練習している歌声が聞こえてくる。

華は「どうせ、私には何にもないよ」とひとり言を言う。

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第102話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第102話の動画配信を見る方法

エール第102話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第102話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(102%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第102話の動画を見る

エール第102話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

占いは道しるべ

 音は、ベルトーマスのところで歌の練習をしている。

ベルトーマス先生は「いったん休憩」「良くなってきているけど、まだまだ課題は山積みよね」

と言った。

 傍らでは、御手洗がトランプ占いをしていた。

御手洗は「うわぁーお。音さん。あなたの未来。明るいみたいよ」と言うと、

音は「ティーチャー。何勝手に占っているんですか?」と言った。

御手洗「このカードの意味。成功。満足。グッドエンド」とカードを示して説明した。

ペルトーマス「あっらー」

音が「当たればいいですが」と言うと

御手洗「私の占いが信用できないっていうの?」と返した。

音「そういうわけでは」

御手洗「まぁ確かに」「占いは道しるべ」「あとはあなたの努力次第よ」

「がんばって」と話した。

音 夏目千鶴子と再会する

そして、いよいよ最終審査の日がやってきた。

音は、会場の階段で、夏目千鶴子と出会った。

音は「びっくりしました。こんなところで再会するなんて」と言うと、

夏目は「私は、また会える日を待っていたわ」

「でも、審査は公平にやりますから」と言った。

音は「もちろんです。宜しくお願いします」と頭を下げる。

華の家出

 裕一は「今週中には合否の連絡来るのか。緊張するなぁ」

音は「今回は難しいかも」

「力は出し切りましたよ。でもやっぱ最終に残った方々は、さすがだった」

「圧倒的にうまくて、実力の差を見せつけられた」「とても私が叶うとは」と言う。

裕一は「いや、見込みがあるから最終まで残ったんだよ」

「ねえ。華。お母さん凄いよね」「あんなにブランクあったのに、よくがんばってるよ」

「音は本当にかっこいい」と話した。

音は「いつも好きにやらせてもらって、感謝してます」

華が水を飲みに台所にやってきた。

音は「華も、好きな事、見つけたら、どんどんやっていってね」と言った。

華は「やりたいことがないとダメなの?」「目標あるのがそんなに偉いの?」

「私だって、なんにも考えていない訳じゃないよ」

「私なりに毎日頑張ってる」

「でも。・・家の事手伝うって言っても、お母さんは、『やらなくていい』っていうし」

「私を生んだせいで、お母さんの人生変えちゃったのなら、申し訳ないと思って」

「こっちは精一杯頑張っているのに」

華は「お母さん。私の気持ち全然わかってない」といって、泣き顔になり、

「もういい」と言って、出て行く。

裕一は「華。」「華。待ちなさい」と言って追いかける。

華 吟の家に泊まる

 吟の家では、吟が「ただいま」と言って帰って来た。

和室にいたケンは、吟に目で、居間の方を指し示した。

吟が覗くと、華が食卓にうつぶせていた。

吟が音に電話をしていた。

吟は「明日はお休みだし、いいでしょう?ねっ?」と話した。

裕一も後ろから電話を聞いていた。

音は「ごめんなさい。明日迎えに行くから」「おやすみなさい」と言い電話を切る。

華が吟に「本当に泊ってってもいいの?」と聞くと、吟は「もちろん」と答え、

「さぁ。夕ご飯の準備しよう」「手伝ってくれる」と言った。

 

才能は日常の中に転がっている?

  食後、華と吟は和室にいた。

華は「最近、自分がダメな人間に思えてきちゃって」とと言った。

吟が「だめって?」と聞くと、

華は「あたしには、お父さんみたいな才能もないし、お母さんや、渉さんみたいな目標もないし」

「好きなもんもわかんないし」「なにがやりたいのかもわかんない」と答えた。

 吟は「確かに」「最近、世の中の空気もどんどん変わって来たよね」

「婦人代議士が誕生したり、女子大が次々にできたり」

「女もどんどん社会に出るべきだって」「いろんな人が言って」

「でも、人それぞれだと思うのよね」

「私だって、若い頃はやりたいことなんてなかった」と話した。

華は「そうなの?」と聞いた。

吟は「うん」と言って、華のとなりに座った。

「たまあに、音や梅をみて、羨ましく思うこともあったけど」

「夢を追い続けるのって、それはそれで大変そうだし」

華は「何かの才能があればって、思わなかった?」と問うた。

吟は「うん」

「才能って、大げさに聞こえるけど、普通の日常の中に転がってると思うのよね」

「人の話を聞くのがうまいとか。家事の手際がいいとか」「それだって才能でしょう?」

「コロッケ上手に揚げられた日には、『私、天才』って思うし」と話した。

華は「私も吟おばちゃんみたいになれたらいいのにな」と言うと、

吟は「まあ。若いうちは一杯悩みなさい」

「離すなら、いつでも聞くから」と華の肩を叩いて言った。

華は「ありがと」と答えた。

音 母親失格?

 古山家では、寝室で音が

「母親、失格ね」「娘を気を使わせて」「そのことに気がつかないなんて」と

裕一と手を重ねて話していた。

「やりたいことやれって言ったのも、折角、自由を謳歌できる時代になったんだし、

のびのびと羽ばたいてもらいたくて」言った。

裕一は「あの年頃はさぁ。感受性も強いし」「のんびり見守ってあげよう」と言った。

 華も、吟の家の寝床で考えていた。

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第102話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー