エール第4話の無料動画と見逃し放送配信情報! 裕一 音と運命の出会い

エール第4話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 1ヶ月間 14日間 30日間 30日間 32日間 30日間 30日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1200 なし なし 300 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第4話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

裕一は小学5年生になり、音楽教育に力を入れる藤堂先生が担任となった。

ある日、藤堂先生は、北原白秋の詩に曲をつける宿題を出す。

裕一は学校が休みの日に、母・まさと一緒に、川俣にある母の実家を訪ねた。
祖父の権藤源蔵と祖母の八重、伯父の茂兵衛が出迎えるが、裕一とまさは映画に出かける

その帰り際、裕一は、教会で歌っていた関内音と運命の出会いをした。

<ナレーション>

春になりました。福島の山も雪が解け 草花が芽吹きます。学校も新学期が始まりました。
学校では ほぼ憂鬱な顔の裕一も今日は笑顔。なぜなら…。クラス替えで藤堂先生が担任になりました。
グッドニュースです!

お金持ちの久志君もクラスメート。それはどうでもいいみたい。
あれ? あれあれ? バッドニュースです。
太郎君も史郎君もクラスメート…  はあ~。こんな感じで裕一の5年生は始まりました。

タイトルロール

●福島信夫小学校・教室

子供たちは藤堂先生のオルガンに合わせて、「かなりや」を歌っている。

「かなりや」

<ナレーション>

大正7年 児童文学雑誌「赤い鳥」が鈴木三重吉によって発刊されました。

創刊号には芥川龍之介 泉鏡花 北原白秋 高浜虚子らの名が連なり
その後 菊地寛 西條八十 谷崎潤一郎 三木露風ら そうそうたる面々が作品を寄稿します。

「赤い鳥」に掲載された歌は童謡と呼ばれ 一大ブームを巻き起こしました。

藤堂「北原白秋の詩だ」 「みんな この詩に曲をつけてみよう」

<ナレーション>

藤堂先生は ことに音楽教育に情熱を傾けていました。

藤堂「どうした?」 「みんな」

太郎「曲つけるなんて 無理だべ」

藤堂「太郎君だって 鼻歌 歌ったことあるだろう?」

太郎「うん」

♪~(鼻歌)

(笑い声)

藤堂「浮かばなければハーモニカでも ここのオルガンを使ってもいい」
「とにかく 音を出して、曲をつけてみろ」 「楽しいぞ」

●川べり

久志「どうする?」 「その宿題」

裕一「うわっ!」
「き…き き…曲作るなんて で…できないよね」
「ハーモニカだって まだ習いたてだし」

久志「簡単だよ」 「うち ピアノあるから」
「君の家だって 蓄音機あるじゃない」 「何 聴いてるの?」

裕一「ろ…浪曲とか民謡が多いよ」 「たまに西洋音楽」

久志「へえ~」 「お父さん かっこいいね」

裕一「そうかな?」

久志「君も聴いてるんだろ?」
「特に西洋音楽」 「聴いているなら作曲は簡単だ」
「やってみたらいい」

裕一「で…でも…」

久志「できるよ きっと」

裕一「ありがとう!」
「い…いや…」 「あの… と… 父ちゃんのこと 褒めでくれて」

●呉服屋「喜多一」

裕一「ただいま」

及川「お帰んなさい」

三郎「おっ 待ってた!」 「新しいの 手に入れたぞ」 「ほれ」

三郎は裕一に、新しいレコード集を手渡す。

裕一「やった!」

三郎「ハハハ!」

裕一「お店はいいの?」

三郎「客 少ねえ」 「あいつらだけで十分だ」

裕一は作曲の宿題を三郎に見せる。

裕一「と…父ちゃんは」 「曲 作ったこと あっか?」

三郎「うん?」 「おお…こんな感じか?」
「ながるるみづは いっしんに ひかりみながり」

裕一「ううん いいわ」 「曲かけて」

三郎「あっ ああ」

裕一と三郎は並んでレコードを聴いている。

母、まさが裕一を呼んだ。

まさ「裕一」

裕一「何?」

まさ「明日の休み」 「母さんと一緒に川俣行かない?」

裕一「やった!」 「お父さんは?」

三郎「俺は浩二と留守番だ」 「2人で行ってこ」

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

32日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第4話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第4話の動画配信を見る方法

エール第4話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは32日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

32日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第4話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 972円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 32日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(40%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

32日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

32日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第4話の動画を見る

エール第4話の見どころ・感想

「スカーレット」戸田恵梨香さんから「エール」窪田正孝さんへの引き継ぎ

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

前回のお話はこちら

エールNHK公式サイトはこちら

<ナレーション>

川俣は福島市から鉄道で約1時間。お母さんの実家があるところです。

当時 川俣の絹織物はその品質の高さから京都や横浜はもとより ヨーロッパやアメリカからも買い付けに来る人がいるほどでした。

母の実家 川俣

大道芸人「よっ」 「ほっほっほ…」 「よ~うっ」 「はい~!」

(拍手)

●権藤家

女中「おいでなさいませ」

まさ「ありがとう」

祖父母の源蔵と八重が出迎えた。

八重「あ~フフフフ…」

源蔵「お~」 「よく来た」 「うん」

八重「おいしいもの い~っぱい用意してっかんね~」

<ナレーション>

大好きなおじいちゃんおばあちゃんに会えて うれしい裕一でしたが… この人だけは苦手です。

茂兵衛が出てきた。

まさ「裕一 映画行こうか?」

裕一「うん!」

八重「フフフ…」

●映画館

(笑い声)

映画を見終わって裕一とまさがでてくる。

●川俣の大通り

裕一「今日はきれいだね」

裕一は洋服を着た母、まさに声をかける。

まさ「えっ?『今日は』って どういうこと?」
「うん?」
「ありがとう」

(太鼓の音)

飴売り「べっこうあめ べっこうあめ」

まさ「1つ下さい」

飴売り「はい」 「どれがいい?」

まさ「はい」

飴売り「ありがとうございます」

まさの友人「あら まささん!」 「久しぶり!」 「帰ってきてたの?」

まさ「いつ以来?」

まさの友人「あれよ おととしのお祭り」

まさ「あ~あん時ね」

どこからか讃美歌が聞こえてくる。

♪「いくつしみ ふかき ともなるイエスは」

裕一はキョロキョロと讃美歌の聞こえてくる所を探し、教会の中に入っていく。
椅子に腰をかけた。

裕一、音との出会い

●川俣の教会

聖歌隊:♪「われらの よわきを 知りて あわれむ」
「なやみ かなしみに しずめる ときも」

<ナレーション>

運命の出会いでした。

センターで将来の妻、音も聖歌隊に交じり、歌っていた。

聖歌隊:♪「いたわり たまわん」

(拍手)

(鐘の音)

(拍手)

●川俣の大通り

裕一は、教会から出ていく、音と音の父親、安隆を目で追っていた。

母、まさがやって来た。

まさ「裕一!」「どこ行ってたの?」
「捜したんだよ」

裕一は胸に手をあてていた。

まさ「心臓 痛いの?」

裕一「川俣 いい!」 「すんごくいい!」

●権藤家

裕一は、まさと祖父母、叔父と食事をしていた。

裕一「起き上がったと思ったら またぶつかって すぐ転んじまうの」

(笑い声)

洋間で、叔父の茂兵衛とまさが話をしている。

茂兵衛「息子が2人だ」 「どちらがを養子に出せ」
「いいな?」

茂兵衛「三郎君には言ってあんだろうな?」

まさ「お義姉さんの具合は?」

茂兵衛「絹子は産めん」 「後継ぎが必要だ」
「権藤家の人間なら 分かってるだろ?」

涙目の母、まさ。

(翌朝)

まさと裕一は玄関で祖父母に挨拶をしている。

源蔵「また すぐ来んだぞ」

八重「元気でね」 「風邪ひがないようにね」

裕一「うん!」

まさ「じゃあ」

源蔵「はい」

八重「うん」

門の方へ歩いていくと、叔父茂兵衛と会った。

裕一「あっ…伯父さんも」 「また」

祖父、源蔵は、叔父茂兵衛に声をかける。

源蔵「進んだか?」

茂兵衛「ええ まあ」

源蔵「無理なら 絹子を捨てて再婚しろ」 「いいな?」

●呉服屋「喜多一」縁側

裕一「ただいま!」 「お土産買ってきたよ」

浩二「うわ~!」 「やった~!」

三郎「おっ お帰り」

裕一「父ちゃん 川俣 すごかったよ!」 「教会で…」

三郎「そんな話は後だ」 「これ見ろ」

三郎は裕一に作曲入門の本と五線紙を渡した。

裕一「うわ~…すげえ!」

裕一 初めて作曲する

●呉服屋「喜多一」裕一の部屋

(小山田耕三著作の「作曲入門」を熱心に読む裕一)

三郎とまさは裕一の部屋の様子を覗いている。

まさ「もう かれこれ4~5時間ですよ」

三郎「でも まだ何も書いてねえぞ」

回想藤堂「浮かばなければハーモニカでも ここのオルガンを使ってもいい」
「とにかく 音を出して曲をつけてみろ」 「楽しいぞ」

裕一「よし!」

裕一は床につく。

翌朝、裕一は誰よりも早く教室に着いた。

裕一はオルガンを開け、黒板を見渡し、教壇の周りを歩く。

そして数々の場面を思い起し、「出来た」と叫ぶ。

●福島信夫小学校・教室

(オルガンの音)

回想♪「なぐさめ たまわん」

裕一「出来た!」

藤堂先生が教室にはいってくる。

裕一が机に伏して寝ていた。

藤堂「古山?」

藤堂は、黒板に音楽のコードが書いてあるのに気づく。

藤堂「これは…」

♪「ながるるみづは いっしんに」「ひかりみなぎり をどりゆく」

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

32日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第4話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー