エール第110話の無料動画と見逃し放送配信情報!音 浩二へのはっぱ「グダグダ 言わない」

エール第110話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 1026円 800円〜 1017円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 110日間 14日間 110日間 110日間 110日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第110話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

 夜、浩二は縁側でリンゴを見つめながら、畠山の言葉を思い起こしていた。

畠山「区切りつける為にも、一度、福島出た方がいいんだ」

音「本当に東京に行きたいのかしら」

まき子「東京に行けば、忘れられんのかな」

浩二は、縁側に仰向けになって考える。

 翌日、畠山農園の物置で、畠山とまき子が言い争っていた。

まき子「そんな大事なこと、勝手に決めねぇでよ」

畠山「どのみち行くんだから、ちっとばっか早くなったって、変わんねぇべ」

 
 浩二がやって来る。

浩二は畠山から、向こうの希望で、まき子の東京行きが早まったことを聞く。

まき子「私に相談もなく、返事するなんて」「仕事だって、まだいっぺい残ってんのに」

畠山「農園のことなら、さすけねぇ」

「それとも何だぁ? おめぇ。今更迷ってんのか?」

浩二が「まきちゃん」「まきちゃんは自分の幸せだけ考えて」

「俺、応援すっからさ」と言うと、

まき子は、そっけない表情で、物置を出て行った。

 居間で音が出来上がった『高原列車は行く』を譜面を見ながら歌っている。

母まさと、裕一も聞いていた。

浩二が帰ってきた。

浩二は「今日、ごはん、いいや」と言って、そのまま自分の部屋に行ってしまった。

音 浩二にはっぱをかける「グダグダ 言わない」

 裕一は浩二を二階の自分の部屋に連れて来る。

裕一は「たまには一緒に飲もう」と言った。

音は「おひとつどうぞ」と準備万端、浩二にお酌をした。

酒がまわり、浩二は「俺。まきちゃんさ、何か悪い事言ったかな」

裕一はペロペロに酔っ払い、「言ってねぇよ」

「浩二はね。彼女のこと、応援するって言っただけだから」と言う。

音は裕一を押し倒して、どてらを掛けた。

浩二「相変わらず、酒。弱ぇなあ」「昔とちっとも変ってねぇ」

音は「そういえば、浩二さん」「三年以内にお嫁さん見つけるって言ってましたけど」

「あれ。どうなりました?」と聞いた。

浩二「そだこと。言ったっけな?」と答える。

音は「言いましたよ」と言って、浩二に酌をする。

そして「本当は、まき子さん。応援してほしかったんじゃなくて」

「留めてほしかったんじゃないかなって?」と続けた。

浩二「俺に?」「何で?」

音「何でって」「本音は行きたくないからでしょう?」

「浩二さんだって」「まき子さんが東京に行くって聞いて、どう思われました?」

浩二「それは・・・・・」

音「浩二さん」「このまま、まき子さん。行かせてもいいんですか?」

浩二は「俺は。おれりゃ・・。おれりゃ・・・」と言って、

テーブルに顔を伏せる。

浩二「やっぱし。ダメだぁ・・」

「まきちゃんは、大事な仕事先の一人娘だから」

「俺だって、父さんに誓ったんだ」「この家継いで。守るって」

「だから、お互いの立場無視して、そんな勝手なこと。できねぇ・・・」

音は突然大声で「グダグダ 言わない」と言って、浩二に酌をする。

 そして「浩二さん。本当に後悔しません?」と詰問した。

浩二が黙って、ためらっていると、音はリンゴを取り、浩二の手に握らせた。

 そして「やらずに後悔するより、やって後悔したほうがいい」と言い、

浩二の肩をポンと叩き、「うん」と言って部屋を出て行った。

 浩二は自分の手の上のリンゴを見つめながら、まき子の色々な表情を思い出していた。

浩二 まき子にプロホーズする

 翌日、浩二はリンゴ農園の中を走り回って、まき子を探していた。

そしてまき子を見つけ、走り寄っていく。

まき子「どしたの?」

浩二「行くな」「東京行くな!」

まき子「何言ってんの?」

浩二「まきちゃんに、忘れられねぇ人がいるの分かってる」

「だけど大好きなリンゴ捨てて、東京行くことねぇよ」

「俺のそばさぁ。いてほしい」

まき子「本気で言ってんの?」

浩二「本気だ」

まき子は泣き出した。

まき子「浩二さん」「また来年もリンゴの花咲くの。私と一緒に見てくれる?」

浩二「見るよ」

まき子「再来年もその先も?」「ここで。一緒に」

浩二はまき子のところに行き、肩を抱き寄せた。

浩二「約束だ」「約束だ・・」

まき子 「私 一緒になりたい人がいんの」

 まき子は物置で、父、畠山に話していた。

畠山「東京行き。断っただ?」とびっくりした表情で言った。

「先方は、何て言ってんだ」

まき子「訳、話したら何とか分かってくれた」

畠山「訳ってなんだ?」

まき子「私。一緒になりたい人がいんの」

畠山「はぁ~」「どこのどいつだ」

まき子「はいってー」と言って、まき子は振り向く。

浩二が「失礼します」と言って物置に入ってくる。

畠山「浩二」・・と言って、畠山はまき子に向かってぶつくさいう。

 まき子は浩二の顔を見て、にっこりと笑った。

畠山は、まき子の相手が浩二だと悟り、驚いて、もっていたリンゴの袋を落とす。

まさ 「そのお話 謹んでお受けしなさい」

 喜多一では、浩二が母、まさに話をしていた。

「家、継いだ身で勝手なこと言ってんのはわかってる」

「でも、まきちゃん一人娘だし」「農園には、男手が必要なんだ」

「どうか。婿になること 許してください」と言って、頭を下げた。

まさ「浩二はそれでいいの?」

浩二は首を縦に振り「畠山さんの想いに答えたい」と答えた。

まさは「だったら、そのお話」「謹んで、お受けしなさい」と言った。

浩二「ありがとう」「母さん」

嬉しそうな表情のまさ。

 浩二は仏壇の父、三郎の遺影に頭を下げる。

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第110話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第110話の動画配信を見る方法

エール第110話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第110話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(110%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第110話の動画を見る

エール第110話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

浩二とまき子の結婚式

 花嫁衣装をまとったまき子が、母、うめに言った。

まき子「お母さんのおかげです」「こんな素敵な花嫁衣装、着られるなんて」
「夢みたい」

まさ「お店たたむときにねぇ。どうしてもこれだけは手放せなかったの」

「いつか、浩二のお嫁さんにって」

 浩二とまき子は三々九度をあげた。

 畠山両親がまさのところに挨拶にくる。 

畠山「大切なご子息。婿にいただき、心から感謝しております」

「これからも互いに行き来して、楽しくやりましょう」

「古山さんも、ぼくらの家族ですから」とまさに挨拶した。

裕一の挨拶

  裕一が挨拶に立った。

「浩二。まき子さん。ご結婚おめでとうございます。

思えば、僕は浩二に迷惑ばっかりかけてきました。音楽のことしか考えていない僕のかわりに、

浩二は父と母を一生懸命、支えてくれて、つらいことも全部背負ってくれました。

 僕が反対を押し切って、家を出た時も、父が亡くなったときも、バラバラになりそうな家族を

必死につなぎとめてくれたのは、浩二です。

(子供の頃からの浩二との回想映像)

家族の絆はひとりでにできるものじゃありません。浩二が踏ん張ってくれたから、

僕は家族でいられたんです。 浩二は僕なんかよりも、ずっと立派な男です。

本当に自慢の弟です。 浩二、今まで、本当にありがとう。

 これからは、まき子さんと一緒に、誰よりも幸せになって下さい。

まき子さん。浩二のこと、末永くよろしくお願いします」

  裕一は涙ながらに、途中ことばにつまりながら挨拶した。

「えー、すいません。それでは、二人の前途を祝して、乾杯」

挨拶を終え、裕一が「いやー。参った。参った」と言って、座ると、

浩二が裕一に酌をした。

二人の様子を母、まさはうれしそうに見つめていた。

(幽霊の三郎の映像)

「浩二の野郎。あだ美人もらいやがって」「今日はとことん飲むぞ」

「祝い酒だ。はっはっはっー。あはぁー」

「まさ。おめぇも飲め」

(おわり)

まさもおちょこの酒を飲みほした。

浩二「兄ちゃん。どうもね」「俺。感動した」

裕一「やめてよ」「おめでとう」

音は華に話した。

音「華のときはどうなるのかしら・・・」「覚悟しておきなさい」

華「ふふ。確かに・・」

浩二夫婦からのリンゴと手紙

(東京 古山家)

 裕一は洋間で、『高原列車は行く』のレコードをかけていた。

音が「浩二さんから、リンゴ。届きましたよ」と言って、

木箱を持ってくる。

 裕一が蓋を開けると、リンゴとともに手紙が入っていた。

音は「あー。おいしそう」と言って、リンゴを手に取る。

裕一は手紙を見て、

「えー。浩二とまき子さん新聞載ったんだって」といって同封されていた切抜を見る。

そこには、

『福島から全国へ リンゴ農家 若夫婦の夢』という記事が書かれていた。

音は「ふたりとも、いい笑顔」と言った。

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第110話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー