エール第115話の無料動画と見逃し放送配信情報!「ロカビリーって、そんなにマズイ?」

エール第115話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 1026円 800円〜 1017円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 115日間 14日間 115日間 115日間 115日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第115話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

  華は正座し直した。そして、

「お母さま」「ご心配・・。おかけしました」

「運命の人」「見つかりましたぁー」と満面の笑みで言った。

  音は、目を丸くして、「えーっ」と叫んだ。

ロカビリーとは

 

  音はバンブーにいた。

ロカビリーのレコードがかかっている中で、

音は保に聞いた。

音「これがロカビリー?」

保「若い人にすごい人気でね」

「色んなバンドが出るコンサートのことをカーニバルと呼んで」

「それはもう紙テープだらけで、演奏ができないわ、女性が失神するわで、凄いらしいよ」

恵がロカビリーのサングラスをかけて、腰を揺らしながら話にはいってくる。

恵「うわぁ・・。『監獄ロック』とか・・かっこいいもんね」

 保が音に訊ねる。

「音さん。どうしたの?」「悩み事?」そして、音のとなりに座る。

恵も座った。

音「華に恋人ができたんです」

恵「わー。良かった」「渉くんとの別れ方がきつかったから、心配してたの」

音「しかも患者さん」

保が「以外!」と言った。

音「以外なんです」

音は「その上、意外なことに、相手が・・」と言って、恵がかけていたサングラスを取って自分にかける。

保「えっ。ロカビリー歌手なの?」と聞いた。

音「もうすぐ退院で、裕一さんに会いたがっているみたいなんです」

「普通の男性ですら、厳しい目で見るだろうに」

「同業者の上に。ロカビリーだなんて」

保「音楽家であることが、吉と出るか凶と出るか」

「ロカビリーが吉とでるか、凶と出るか」

音が「裕一さんの反応が全く読めません」と言うと、

保「確かに」

恵「裕一さんに、ロカビリー聞かせて、反応見てみたら、どうぉー」

「それで大丈夫だったら、紹介したら?」

音は「いいですね!」「やってみます」と話した。

ロカビリー音楽 裕一の反応

 音が裕一の仕事部屋にやってくる。

音は「何してるの?」と聞いた。

裕一「うぅーん。体調不良でね。役者が代わることになって、音域違うから、書き直してる」

音「本番始まっても、いろいろあるのね」

「また今度にします」

裕一「うん。いいよいいよ」「何?」

音「レコードいただいたの」「ロカビリーって知ってる?」

裕一「知ってるよ」「あんまり聞いたことないけどね」

音「じゃあ。聞いてみる?」と言って、レコードをかけた。

裕一「ごめん。ごめん。ごめん」「ちょっと。止めて」

「ごめん。今書いてる音楽が逃げちゃいそう」

音は仕事部屋の外で、「どうしてロカビリーなのかしら」とひとり言を言う。

 

音 アキラについて「いい方ねぇ-」

 夜、音が居間でみかんを食べていると、華がやってくる。

華「なんで、勝手なことするの?」と両手とーで大きく障子を開けて言った。

音は「真面目で、仕事一筋な娘の相手がロカビリーの歌手よ」

「慣らしておく必要があるでしょう!」と答える。

華「反応、良くなかったんでしょう?」「やぶへびじゃない」

音「急に聞かせるよりはましだって」

華「そうかなぁ?」「もぅぉー」

そして、聞いた多。 

音「どうするの?」

華「退院したら、すぐにでも来たいって、言ってる」

音「挨拶。遅らせたら?」

「ふたりだって、まだ病院でしか、会ってないんでしょう?」

華が、「付き合うなら、ちゃんとしたいんだって」と言うと、

音はみかんをごくりと飲み込んで、「いい方ねぇー」と言った。

裕一が胃潰瘍で緊急手術

 電話が鳴り、音が取った。

音は「えっ。裕一さんが!」と大声をあげた。

病院の手術室の前に、音と華は座っていた。

音が「働き過ぎだったんだぁー」

「気づかなかったぁー」と言うと、

華は「うちの先生はみんな優秀だから、大丈夫」と話した。

『手術中』のランプが消えて、手術室から医者が出て来た。

音が「先生」「手術は?」と聞いた。

医師は「胃潰瘍でした。命に別状はありません」

「まぁ。一か月ほど入院すれば、日常生活に戻れるでしょう」と答えた。

裕一とアキラ

 病室で裕一は目を覚ました。

華と音の顔が目に入った。

「おとうさん」という声が聞こえた。

アキラの声だった。

病室の外で、音は中を覗きながら、

音「よりによって」「となりなんて」と言う。

華が「ベッドが丁度空いたのよ」と言うと、

音は「何か適当な理由つけて、代えられないの?」と話した。

華「無理」「余ほどの理由がないと」

音「あのままじゃ、すくにばれるわよ」「さっきだって」

(裕一が目覚めたときの回想シーン)

アキラがベツドの近くで「おとうさん」と言って、

華と音が驚きの表情でアキラの顔を見ると、

華が作り笑いをしながら、

「あっ。はっはっはっ。そう、私のおとうさんなの」

「古山裕一です」と言った。

裕一は、頭を起こそうとしながら、

「かっ。彼、今。僕の事、お父さんって言った・・・?」と言うと、

音は裕一の額に手を置いて、裕一の頭をベットに押し戻す。

そして、音「言ったかしら?」

「私は、華のおとうさんって聞こえたけど」と言う。

裕一「あっ。そう」

アキラ「はい」「おとうさん」

裕一「えへー」

華「お父さん」「手術後は、睡眠が一番大事だから、よく寝て」と言って、

ベッドを整える。

裕一は「お父さんって。今、言った・・?」と言って、再び、頭を起こそうとした。

音は再度裕一の額に手を当てて、ベッドにもどした。

そして、「裕一さん。良く寝て」と言って、裕一にふとんをかけた。

アキラの退院までごまかす

音と華は廊下で、

華「ごまかせたのかなぁー?」

音「五分五分ね」「どうするの?」

華「手術開けのお父さんにロカビリー歌手、紹介するのは、負担が大きすぎると思う」

音「アキラさんの退院まで、ごまかしてもらいましょう」

「退院いつだっけ?」

華「四日後」

音「短いようで、長いような」

華「嘘ついて、後で困らないかな?」

「どうして入院してるときに挨拶しなかったんだって?」

音「退院後に付き合ったってことにしましょう」

華「いいね」

「四日なら、乗り切れるよね?」

音「私もなるべくいるようにするけど、アキラさんにもちゃんと伝えてね」

華「うん」

 池田が見舞いにきていた。

池田「うわぉ。最初っから飛ばし過ぎだよ」

「代わりの指揮者見つけたから、しばらく休め」

裕一「いやぁー。ご迷惑おかけして、本当に申し訳ないでっす」

「譜面はここで書きますので」

池田「ダメだ」「もう。休むときは休む。なぁ」

「じぁ。また来るから」

「お大事に」

池田は忙しそうに、足早に病室を後にする。

ロカビリーって、そんなにまずい?

 アキラは華と、リハビリをしていた。

華「痛くない?」

アキラ「全く」「こんなこともできるから!」

といって、ジャンプをしてみせる。

華「あっーあっ。無理しちゃダメ。努力が水の泡になる」

アキラ「あっはっはっ」「冗談。冗談」

「さっ」「何をする?」

華「激しい動きの為に、筋力強化!」

アキラ「うぇー。あれきついんだよな」

華「文句言わない」「がんばりましょう」「はい」

アキラは壁に手をついて、屈伸運動をはじめる。

アキラ「あのさ」「ごまかすって、話だけど」

「俺。嘘、苦手なんだよな」

華「分かってるけど、今は必要なの」

アキラ「言った方が、よくない?」

華「ううん」「お父さんの傷口が開く」

アキラ「ロカビリーって、そんなにマズイ?」

華「マズイっていうか」「とにかく、悪い印象だけは、避けよう」

「言葉使いも丁寧にね」

アキラ「うん」

窓の外に白鳥

 音が裕一の着替えをもって、病室にやってきた。

音はベッドサイドの机に置かれている包みに気づいた。

音「あら。これは?」

裕一「池田さんのお見舞い」

音は、包を持ち上げて「ブランデーケーキ!」と言った。

音「なんて芳醇なひびき」

裕一「池田さんが、よろしくって」

音「ありがとうございます」

アキラが華に付き添われて、リハビリから病室にもどってきた。

裕一「あれ。リハビリでしたっけ?」「もう終わったんですか?」

アキラ「おかげさまで」

「華さんのおかげで、元に戻りました」

「華さんはすばらしい女性で」「やさしくて、可愛くて」

「いつも一生懸命で」

 音は、裕一のベッドの上にポンと乗る。

そして「裕一さん!」と呼び掛けて、

窓の方を指さして、アキラの話を遮る。

音「あれは白鳥かしら?」

裕一「いてて。へぇ。どこ?」と裕一も窓の方を見る。

音「一瞬、見えたんだけど、鳩だったのかしら?」と華に向かって言う。

華「鳩よ。こんなとこに白鳥、いるわけないんだから」

裕一「おおっ!」

裕一が見ると、窓の外の空を本当に白鳥数羽が飛び去っていく。

裕一「綺麗!」

音も一緒に見つめている。

裕一「すごいね」

「ねえー」と裕一は、華たちにも話しかけた。

アキラ「とても」

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第115話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第115話の動画配信を見る方法

エール第115話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第115話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(115%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第115話の動画を見る

エール第115話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

アキラはとび職人?

裕一「あれっ。えっーと。名前。名前」「アキラ君だっけ?」

アキラ「はい」

裕一「苗字は?」

アキラ「霧島です」

「霧島アキラです」

裕一「なんか。俳優とか。歌手みたいな名前だね?」

「霧島君。学生?」

「もう働いているの?」

アキラ「と、と・・。とび職です」

裕一「じゃ。それも。仕事で?」

アキラ「はっ。はい」

「とても大きなビルの建設時に」

「足場から、足を滑らしてしまいました」

華がアキラの腕をつまんだ。

アキラ「あっ。あ。いて」

裕一「大変だったね」

東京タワーを建てるのが夢

 音と華は、智彦のラーメン屋でラーメンを食べている。

音「とび職なんて・・」

華「お父さんが、とび職人だから、思わず出ちゃったって」

音「それで、ツラツラ話、合わせられたのね」

華「不幸中の幸いです」

音「余計、まずいでしょ」

「嘘だって、明かさなきゃいけないなら、せめて、嘘がへたな方が、可愛げがある」

華「東京タワーを建てるのが、夢ですって言った時」

(アキラの映像)

アキラ「東京タワーを建てることが夢なんです」

「日本一高い塔の上で仕事をするために、今、頑張っています」

「えへっ」

(おわり)

華「信じかけたー」

「俳優でもいけるかもなぁ」

「えへっ」

音「えへっ、じゃないでしょ」

「調子に乗って、膨らませすぎよ」

華「お父さんと、話したかったんじゃないかな?」

音「ロカビリーの歌手ってだけでもまずいのに」

「今じゃ嘘つきのロカビリーよ」

「ああ。どうしよう・・」

音「お兄さん。どう思います?」

音は智彦に聞いた。

智彦「えっ。えーえっ?」

智彦「ケン。お前はどう思う?」

ケン「そうだなぁ・・」

「全部解決するには・・」

「アキラさんが本当にとび職人になる」

音「それよ!」

華「それよじゃないでしょ!」

「まっ全く」

音「全く」

華「今この瞬間も」「ふたりで並んで寝てるんだよね?」

音「華」「これは運命よ!」

夜は仮病作戦で

<病室で>

 裕一にばれないため、昼は音が張り付き、当たり障りのない会話に終始するように努めた。

裕一とアキラ、二人きりの夜は、仮病作戦で乗り切ることにした。

夜、裕一がアキラに話しかけようとすると、アキラはせき込む。

裕一「夜になると、急にせき込むね」

「大丈夫?」

「誰か呼ぼうか?」

<夜、古山家 華の部屋>

華「カラ咳し過ぎて、のどがガラガラだって」 

音「そんなにやらなくていいのに」

華「やり始めると、ひたむきなんだ」

「リハビリでも、弱音は初めだけ」

「あとは、ひとりでモクモクとやってた」

音「そう。まぁ。明日無事退院して」

「きちんともう一回、お父さんに、紹介しましょう」

「おとうさんに、お母さんがうまく言っとくから」

華「ありがとう」

音「うん」

アキラの退院

(翌日、病院 朝食を食べながら)

裕一「やっぱり、味が薄いね」

アキラ「だんだん慣れてきますよ」

裕一「僕の妻はねぇ」

「八丁味噌、扱う土地の生まれでねぇ」

「はじめ違和感だったけど、だんだん慣れてくるもんだよね」

アキラ「素敵な奥様です」

「元気で、明るくて、若々しくて」

裕一「ありがとう」

「霧島くん。独身?」

アキラ「はい」

裕一「いい人に出会えるといいねぇ」

アキラ「はい」

(病院 病室 アキラの退院)

華がアキラに花束を手渡す。

華「退院おめでとうございます」

看護婦、同室の入院患者、付き添いの皆が拍手をした。

アキラ「皆さんのおかげで、ステージに復帰できます」

「ありがとうございます」

裕一「ステージ?」

華がしまったというがごとく自分の口を両手でおおう。

音は椅子から立ち上がり、うろたえる。

 音は、窓を指さし、「白鳥が・・」と言う。

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第115話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー