エール第13話の無料動画と見逃し放送配信情報! 裕一 川俣銀行に住み込みで働くことに。

エール第13話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 1ヶ月間 14日間 30日間 30日間 31日間 30日間 30日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1200 なし なし 300 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第13話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

裕一は、川俣銀行に住み込みで働くことになった。

喜多一は、三郎が連帯保証人になったことで多額の借金を背負うことになった。
その返済のために、三郎は、義兄の茂兵衛に融資を頼み、その見返りとして裕一が権藤家の養子にはいることになる。

昭和初期の大不況という時代。

裕一は、しばらくは作曲に打ち込めないとしても、
金持ちである母親の実家に養子にはいることは将来的には悪くはないのでは、とも思えます。

●福島ハーモニカ倶楽部・公演会場

裕一と楠田は舞台の上の各譜面台に、演奏曲の楽譜をセットしている。

楠田「裕一 何かあったか?」

裕一「別に」

楠田は、セットが終わり、楽屋に戻った。

楠田「譜面の確認 終わりました」

館林「ありがとう」    「どうした?」

楠田「裕一が…何か変です」

館林「いつも変だよ」

会員「そうだよ」

楠田「違うんです」   「いつもの変とは違う…変なんです」

係員「そろそろ時間です」 「ご用意願います」

(幕が開く音)

(拍手)

三郎、まさ、浩二も来ていた。

演奏が始まった。

●呉服屋「喜多一」居間

三郎「おめえ 音楽が好きか?」

裕一「何?」 「どしたの?」

三郎「好きだよな」
「好きなもんがあるっつうのは幸せなことだ」
「俺は兄ちゃんが2人死んでこの家を継ぐごとになった」
「別に不満でもねえ」
「好きなもん 俺にはながったからな」

三郎「藤堂先生 覚えてっか?」

裕一「う…うん」

三郎「先生 おめえをいっぺえ褒めでた」

(回想)

藤堂「裕一君には類いまれな音楽の才能があります」

(回想おわり)

三郎「おめえが初めて人に褒められて俺はうれしくてうれしくて…」

裕一「ねえ…な…何なの?」
「さっきから」

三郎「俺…やっちまったんだ」

保証書に捺印する映像。

(福島縣福島市字大町四拾番地 古山三郎)

三郎「俺の悪い癖だ…」

三郎「つい 人を信用しちまう」

タイトルロール

●福島ハーモニカ倶楽部・公演会場

演奏が終わろうとしていた。

館林「続いては 倶楽部で初めて作った曲を演奏します」
「作曲をしたのはまだ商業学校生の古山裕一君です」

(拍手)

藤堂先生も会場に駆け付けていた。

館林「彼は独学で作曲の勉強をした努力家です」
「是非 彼のほとばしる熱意のほどをお聴き取り下さい」
「じゃあ 古山君 指揮を」

裕一「えっ?」

館林「君の曲だ」 「君がやるべきだ」

(拍手)

裕一「はい」

●呉服屋「喜多一」居間

裕一「お…覚えてる?」

裕一「運動会で転んだ時のこと」

裕一「あの時…音楽ってすごいなって」
「いじめられっ子で根性のない僕にでも音楽は力 与えてくれんだって知ったんだ」

裕一「ど…どうにもなんないんだよね?」
「母さん…母さん」
「何て言ってんの?」

三郎「茂兵衛伯父さんと喜多一を救ってほしいと願ってる」

裕一「も…茂兵衛伯父さん 僕でいいって言ってんの?」
「僕…何もできないよ?」

三郎「代々続く家だ」
「他人が家を継ぐことは許せねえ」
「その気持ち 俺にも分がる」
「喜多一を…おめえでも浩二でもなく 赤の他人に継がせるって考えっと」
「嫌なもんだ!」

●福島ハーモニカ倶楽部・公演会場

裕一が指揮をして、裕一が作曲した曲の演奏が始まった。

●呉服屋「喜多一」居間

バックには、ハーモニカの演奏が流れている。

裕一「家族にとって…」
「僕が養子に行くことが…」
「一番いいいんだよね?」

三郎「ちっとだけだ」
「ここ ふんばれば また新しい可能性も見えてくる」

裕一「どんな?」

裕一が指揮をしている映像。

裕一「分がった」

裕一「今度の公演で最後にする」

裕一は立ち上がって、自分の部屋に戻ろうとする。

三郎「こんなこと言うのも何だけど…」

三郎「諦めんなよ」

裕一「残酷だよ… 父さん」

●福島ハーモニカ倶楽部・公演会場

裕一が指揮をしている。

裕一が家で、自分の部屋に入り、涙する映像。

裕一は指揮をしている。

裕一が自分の部屋で泣きながら、楽譜を破る映像。

裕一は指揮をしている。

上記の繰り返し映像。

演奏が終わった。

(拍手)

裕一は客席の方を向き、頭をさげた。

三郎は客席で泣いている。

藤堂先生も客席の後ろで拍手をしている。

<ナレーション>

公演終了後 裕一は倶楽部を辞めると伝え みんなに謝りました。

その後は淡々と学校生活を送り 茂兵衛伯父さんの銀行からの融資で喜多一は急場をしのぎ…。

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第13話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第13話の動画配信を見る方法

エール第13話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第13話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 972円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(40%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第13話の動画を見る

エール第13話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

エールNHK公式サイトはこちら

●呉服屋「喜多一」

三郎は店で大河原と反物を見聞していた。

三郎「しっかし 味気ねえな~」

<ナレーション>

ただ 時は過ぎていきました。

そして 旅立ちの前日。

●呉服屋「喜多一」裕一の部屋

裕一は荷造りをしていた。

浩二「兄ちゃん」 「いい?」

裕一「うん?」 「どした?」

浩二「明日 見送れねえからさ」 「お別れ 言いに来た」

裕一「何だ…」 「珍しく感傷的だな」

浩二「だって」 「兄弟の別れだろ?」

裕一「意外」 「もっと 淡泊なやつだと思ってた」

浩二「俺 逆に…兄ちゃんのこと もっと感傷的な人間だと思ってたけどね」

浩二「蓄音機 どうする?」 「持ってぐ?」

裕一「あ…あれ」 「お前 もらったもんだろ」

浩二「そうだけど…」
「お 俺…音楽聴く気はねえし」
「実質 兄ちゃんのもんだったし」
「持ってけよ」

裕一「いいって!」

浩二「ごめん…」

裕一「なあ…」

裕一「家族と店… 頼むぞ」

浩二「うん」

浩二「兄ちゃん ありがとう」

裕一 旅立ちの朝

裕一が出発する朝。

●呉服屋「喜多一」店頭

裕一「汽車で1時間だよ」
「みんな並んで 大げさ」

まさ「荷物 銀行に送っておいたから」

裕一「あ…ありがとう」
「伯父さんと一緒に住むのは 息 詰まっから 銀行に住み込みでよかった」

裕一「父さん…」
「俺 もう大丈夫だから気にしないで」

三郎「申し訳ねえ」
「つれえことあったら いつでも帰ってこいよ」

裕一「ありがとう」
「皆さんもお世話になりました」
「行ってきます」

大河原「行ってらっしゃい…坊ちゃん」
「風邪ひかねえようにね」 「うん」

●川俣銀行・裕一の部屋

こおりを開いている裕一。

まさの手紙が入っていた。

まさの手紙『見ると辛いだろうけど 辛いとき支えてくれるのは音楽だと思うから。母より』

ハーモニカが入っていた。

川俣銀行の人たち

銀行員の人たちが入って来た。

落合「あ~初めまして!」
「支店長の落合です」

鈴木「行員歴15年の鈴木です」

松坂「2年目の松坂です」

昌子「事務の菊池昌子です」 「よろしく~」

<ナレーション>

そこで働く人たちは皆 底抜けに明るかったのです。

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第13話の動画を見る

コメント