エール第86話の無料動画と見逃し放送配信情報! 命を尊重しない戦いに未来はない

エール第86話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 933円 800円〜 925円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 86日間 86日間 86日間 86日間 86日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 300 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第86話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

裕一の慰問先はビルマ

 裕一の慰問先はビルマ(ミャンマー)だった。

他に同行者として、作家の水野伸平と洋画家の中井潤一がいた。

 当時ビルマを占領していた日本軍は、インド北東部の要地インパールを攻略する作戦を開始していた。

作家の水野は、内地では、3週間でインパールを陥落させると聞いていたが、もう期限を過ぎている。戦況はいかがな状況かと現地の磯村中佐に詰め寄る。  

 三人はしばらくラングーンで休養するように言われる。

水野は戦地に行きたいと司令官に頼んでいると洋画家の中井は言った。そして、私も水野とともに行くと裕一に話した。

 裕一は日記をつけていた。

裕一たちは戦況を聞く為、指令部に顔を出した。作戦は予定どおりに進んでいないようだった。

 裕一は、午後から学校へ慰問に出かける。 現地の子供たちは驚くほど日本語がうまく、裕一の歌を上手に歌った。

 
 土曜日の夜は、現地の記者連中と集まり、すきやきをした。

 一か月後、水野と中井は、前線に行くことが許された。 裕一は別れ際に水野から、詩を託される。

「ビルマ派遣軍の歌」というタイトルだった。  早速、裕一は作曲を始める。

雨季に入り、来る日も来る日も雨だった。

藤堂先生がビルマに

 ビルマに来て、二か月が経った。 ある夜、記者の大倉が裕一の部屋にやってくる。

「藤堂清晴さんってご存じですか?」と聞かれる。

裕一が「小学校の恩師です」と答えると、「藤堂さん。藤堂大尉はビルマにおられます」と言った。

大倉は人づてに聞いたのだが、「藤堂大尉は、よく先生(裕一)の話をされているようです。深いご縁があったようですね」と話した。

裕一は「とっても」と答えた。 大倉は「では。藤堂大尉の配属先を調べておきますね」と言って、帰って行く。

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第86話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第86話の動画配信を見る方法

エール第86話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第86話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(86%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第86話の動画を見る

エール第86話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

五郎が馬具職人の一人前に

 豊橋では、光子が作業場にお茶をもってやってきた。

五郎が馬具を馬の台にセットしているのを見ると、光子は「五郎ちゃん。ひとりで全部任されとるの?」聞いた。

五郎は「はい。昨日から」と答える。

光子は「頼もしいわ。岩城さんの指導のおかげね」と言うと、岩城は「いや。こいつのひたむきさです」と話した。

 光子は「まあ。とにかくこんな世の中だけど、仕事があるのは有難いわ」と話すと、五郎はうかない顔をする。 

それを見ていた岩城が「五郎。馬具は人と馬の命を守るもんだで。忘れるな」と言う。

五郎は「何度も言われてますから、分かっています」と答える。

 岩城は光子に「今までは、一人前になりたいって思いで突き進んどったもんが、合格して立ち止まってしまって」と言った。

そして「戦争に協力しとるんじゃないかっていう気持ちが、あふれてくるようです」と伝えると、光子は「心配だわ」と話した。

音と華は福島に疎開

 音と華はマサの病状が悪化したとの知らせもあり、福島に疎開することにした。

マサは「ごめんね。折角きてくれたのに、寝てばっかりで」と言った。音は「いえ。ゆっくりされて下さい」と答える。

 
 音は荷物を持って裕一の部屋にはいる。 裕一の机の前に座り、机をなでた。

ふと、部屋の中に、おおいをかぶせた蓄音機があるのに気が付いて、おおいを取る。

 音は懐かしそうに蓄音機を眺めていると、浩二がやってきた。「兄貴の才能を開花させるきっかけだから」と言った。

音は「ごめんなさい。勝手に」と言う。

浩二は「いっつもじっと座って、珍しいもの聴いてた」と言うと、音は「そうかあ」と返事をした。 

浩二は「もともと。俺の誕生祝だったんだけどね」と話した。

 音は「わからないもんですよね、人生って」と言うと、浩二は「兄ちゃん。心配?」と聞いた。

浩二は「兄ちゃんは、軍にとって大事な人だ。そんな危険なとこ、いかせられっことねえよ」と言った。

音は「そうですね」と言ってほほ笑む。

 音と浩二がマサの部屋を覗くと、華がマサのとなりで寝ていた。

浩二が「華ちゃん。いいー子だね」と言うと、「お転婆だけど、優しい子です」と音が言った。

 浩二は「俺も早く結婚しないと。このままじゃ喜多一も権藤家もつぶれちまう」「母さん倒れてから、急に焦って来た」と言う。

 音は「どんな方がいいんですか? いい方がいたら紹介しますよ」と聞くと、浩二は「原せつ子みてえな」と答え、音はあっけにとられたような顔をする。

 浩二は「ごはん作るわ」と言って、バツが悪そうに台所に言った。 音は「私やります。浩二さん」と言って追いかける。

命を尊重しない戦いに未来はない

 ビルマでは、中井が戻って来ていた。廊下にボッーと座っているのを見かけた裕一は「おかえりなさい」と声をかける。

裕一の部屋で、中井は裕一に「これを」と言って、戦場でのスケッチを見せる。

裕一は「失礼します」と言って中を見た。

 中井は「前線は地獄です。険しい山、濁流の大河、悪疫、食料不足。戦う以前に命を保つことさえ難しい」

「前線部隊への武器や弾薬、食料の補給も全く追いついていない」「それなのに、進撃命令を出す司令官」

「すべて無謀で無駄だし、正に犬死です」と言った。  

 裕一は「日本に勝てる見込みは?」「水野さん どうされたんですか?」と問うと、中井は「さらに先に向かいました。この実情を伝えるのが作家の使命だと」伝えた。

 中井のスケッチは悲惨な様子を描いていた。

「一杯の水が無いだけで、死んでゆく者がいます。そんなこと許されていいのでしょうか?」

「古山さん。日本は負けます。命を尊重しない戦いに未来はありません」と中井は言った。

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第86話の動画を見る

コメント