エール第116話の無料動画と見逃し放送配信情報!裕一「自分の子供を信じる気持ち」

エール第116話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

(右にスクロールですべて確認できます)

VOD
配信状況
配信あり
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
×
配信なし
月額料金 1990円 888円 1026円 800円〜 1017円 500円 562円 933円 500円〜 463円
無料期間 31日間 14日間 14日間 116日間 14日間 116日間 116日間 116日間 入会月 4ヶ月
貰えるポイント 1200 1300 なし なし 550 なし 540 2080 540 なし
無料視聴する方法 解説 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし 配信なし

 

エール第116話の見逃し配信動画の無料視聴方法やあらすじを紹介します!

(病院 病室 アキラの退院)

華がアキラに花束を手渡す。

華「退院おめでとうございます」

看護婦、同室の入院患者、付き添いの皆が拍手をする。

アキラ「皆さんのおかげで、ステージに復帰できます」

「ありがとうございます」

裕一「ステージ?」

華がしまったというがごとく自分の口を両手でおおう。

音は椅子から立ち上がり、うろたえる。

 音は、窓を指さし、「白鳥が・・」と言った。

アキラが古山家にやってくる

 華が玄関に座って待っていた。

扉の外側で、ドタッという音とともに、「イッテー」という声がした。

華が玄関を開けて出ると、アキラが門の前で倒れていた。

アキラ「緊張しているみたい?」

華「私も」

アキラ「お父さんの様子は?」

華「娘をもつ父」

裕一と音、華とアキラ

 音は台所でお茶を入れながら、居間でスタンばっている裕一に言う。

音「アキラさんの話、ちゃんと聞いてあげてくださいね」

アキラが居間にやってくる。

廊下でアキラが挨拶した。

アキラ「失礼します」

「このような機会をいただきありがとうございます」

「霧島アキラです。よろしくお願いします」

裕一は何も言わない。

音「ようこそ。どうぞ」

アキラ「ありがとうございます」

アキラと華は並んで座った。

音「まぁ。堅苦しいのもなんですから」

「甘いものでもつまんでいただいて」

「福島の名物なんです」

 アキラは丸い羊羹を切ろうとするが、うまくきれずに、皿から畳に落としてしまう。

アキラ「申し訳ありません」

音が「いいんですよ。新しいの持ってきますから」

アキラ「これくらい。何でもありません」と言って、

畳に落ちた羊羹を口に放り込んだ。

音は「アキラさんって、面白い方ねぇ」と言って、裕一の肩をポンポンと叩いた。

アキラ「華さんは、私が出会った中で最高に素晴らしい女性です」

アキラ「おとうさん!」

裕一「君にお父さんと呼ばれる筋合いはない」

アキラ「古山さん!」

華「古山だと私たち全員だから、名前でいい」

アキラ「ゆ・、ゆ・、ゆういちさん」

音「何だか気持ちを悪い」

「お父さんの方がしっくりきます」

裕一「お父さんはイヤだ」

音「じゃぁ。何にします?」

裕一「呼びかけはなしで、話しよう」

アキラ「わかりました」

アキラは布団を外して、正座した。

アキラ「華さんは、私が出会った中で最高に素晴らしい女性です」

「私は華さんを愛しています」

「一生。添い遂げたいと望んでいます」

「どうか、結婚を前提とした交際をお許しください」

華もアキラのとなりに正座し直して、二人で裕一に頭をさげた。

収入は?

裕一「お引き取りください」

華「お父さん!」

裕一「あなたに娘はやれません」

華「どうして?」

裕一「苦労させたくない」

華「勝手に私の苦労決めないで」

裕一「音楽で稼いだ収入。いくらありますか?」

華「収入聞くなんて、下品だよ」

アキラ「まだ少しです」

「父親の仕事を手伝って、収入を得ています」

裕一「今の収入で華を養えますか?」

アキラは首を横に振った。

裕一「音楽で食えるようになってから、出直して来てください」

裕一は席を立った。

音「お父さんも、何もなかったけどね」

「裕一さん。忘れたんですか?」「私にプロポーズしたとき」

「音楽の収入、ゼロでしたよ」

裕一は音の耳元でささやいた。

裕一「ねぇ。銀行で働いてたから、収入はあったから」

華「音楽で稼いでないなら、アキラさんと一緒じゃない?」

裕一「一緒じゃない!」

「あのとき、僕は、賞もらってた」

華「アキラさんだって、ステージやれば、いっ~ぱいお客さんくるよ」

裕一「レコード契約だって、あったんだ」

音「あれは、私が取って来たんです」

裕一「僕の実力が認められたとも言える」

音「その契約金だって、レコード売れない、っていうかレコードにもならないから、

実質、借金だったし!」

華「えっ! そうなの?」

音「そうよ」

「『船頭可愛や』が売れるまで、却下された曲は、百曲くらい?」

裕一「21曲だよ!」

アキラ「凄いです!」

「100曲却下されても、作り続けるなんて!」

裕一「21曲だ」

「君、話を聞いてるのか?」

アキラ「21曲でも尊敬します」

裕一「バカにしているねぇ。 君は」

音「そのヒットだって、環さんのおかげだったし」

裕一「環さん?」

「環さんは、綺麗な人だったんだよ!」

音「はぁ~ん?」

華「いずれにしても、お父さんと今のアキラさんと。大差ないんじゃないの?」

音「人気ある分、今のアキラさんの方がましかも?」

女性関係は?

裕一「女性関係も心配だ」

音「裕一さん。失礼よ!」

華「そうよ。撤回して!」

裕一「今まで、何人の女性と付き合ってきた?」

音「アキラさん。言う必要ないから」

裕一「別に問題がないなら、言えるだろう!」

華「お父さんの挑発に乗っちゃだめ」

アキラ「16人です」

音「えーっ!」

裕一「じゅう・・・」

音は手で口を覆い、暫く沈黙が続く。

華「どうして・・。黙ってたの?」

アキラ「聞かれなかったから」

音「今、23でしょう?」

「初めて付き合ったのが16だったとしても?」

「一年間で・・・・・?」

華「お母さん。やめて」

アキラ「多い?」

華「多いし、一回が短いよ」

アキラ「華さんは何人なの?」

裕一「華!」「答えなくていい」

アキラ「僕は何人でも平気です!」

裕一「私は平気じゃない!」

華「ひとりです!」

「それも今思い返せば、あれ。付き合ってたのかな?」

エールなNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第116話の動画を見る

 

スポンサーリンク

エール第116話の動画配信を見る方法

エール第116話の動画を配信しているVODサービスはU-NEXTのみです。

 

U-NEXTという動画配信サービスは、NHKオンデマンドが視聴できます。

 

1か月の無料体験もしていて、その間にNHKオンデマンドパックを利用できますよ

 

通常は、無料体験中でもNHKオンデマンドは有料なのですが、

このページからU-NEXTに体験登録すると、NHKオンデマンドが無料でお試しできるんです

 

U-NEXTは31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第116話の動画を見る

 

NHKオンデマンドとU-NEXTの違い。U-NEXTのほうがメリット大!

U-NEXTとNHKオンデマンドは何が違うの?
NHKオンデマンド公式でいいんじゃない?
実はU-NEXTから申し込まないと損なんです。

 

U-NEXTでのNHK番組配信とNHKオンデマンド

サービス内容を比較してみました。

料金 1990円 990円~2944円
毎月ポイント付与 1200p なし
無料期間 31日間 なし
画質 高画質 低画質
NHKドラマ
NHKドキュメンタリー
NHKスペシャル
民放番組 ×
映画 ×
電子書籍 ◎(116%ポイント還元) ×
雑誌読み放題 ×

 

このとおり、

 

NHKオンデマンドでできることは全部U-NEXTでできる
そのほか、U-NEXTは民放番組、映画、電子書籍、雑誌読み放題サービスまでついています。
実質、U-NEXTはNHKオンデマンドの完全上位互換

 

 

唯一気になるのが値段ですが…

 

U-NEXTは無料ポイントで1200ポイント。

1990円ー1200ポイントで、U-NEXTなら実質790円です。

税込にしても800円台です。

 

NHKオンデマンドの公式のほうは無料体験もありません。

 

「エール」を見るなら
U-NEXTから申し込まないと損するレベルです

31日間のお試し期間中でも解約可能です。

そうすれば、一切お金を払う必要はありません。

 

この機会にぜひ申し込んでみてください

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>U-NEXTでエール第116話の動画を見る

エール第116話の見どころ・感想

古山裕一のモデルとなった古関裕而とはどんな人?

ミュージカル俳優が大勢出演!

前回のお話はこちら

もてる男の常套句

音「その16人の方々とは、真剣な交際だったの?」

アキラ「いえ。遊びの人もいました」

華「正直に言えば、いいってもんじゃないから」

アキラ「今日は、将来家族になるかもしれない人の前だ」

「うそはつけない」

裕一「アキラくんは・・・。まぁ。顔はそこまででもないがなぁ、花があるよ」

「ステージで歌う姿を想像すると、まぁー女性にもてるだろう」

「でもなぁ。華」

「人気商売の人と結婚するということは、不安定な収入と、乱れた愛憎劇に巻き込まれる可能性が高いんだよ」

「もっと普通にいいひと、いるから」

「華には、打ち込める仕事があるんだから、何にも焦ることないよ」

アキラ「ちょっ。ちょっと待って下さい」

「確かに僕は、沢山の女性と付き合いがありました」

「もてることを楽しみに、遊ぶことに喜びを感じていた時期もあります」

「そんな経験があるからこそ、華さんのすばらしさに気づきました」

「華さんは特別です」

「華さんを僕にください」

黙って聞いていた、音が立ち上がり、華の頭をつかんだ。

音「だまされたらいけません」

「もてる男の常套句だわ」

「私、昔、歌のために水商売をやっていたの」

(音が恋の勉強のために、カフェーで女給をやっていたときの映像)

華「初めて聞いた?」

音「君は特別だって言葉を信じちゃダメ」

「もてる人はみんな言ってるから」

アキラ「言ってません」

「華さんだけです」

裕一は「はっはっはっ」と言って大声で笑った。

裕一「もういつのまにか、3対1だな。ねぇ。アキラくん」

「もう諦めなさい」

『ムーン・ライト・セレナーデ』

アキラ「僕の歌を聴いてください」

「華さんの為に作りました」

裕一「君もしつこいなぁ」

アキラ「過去に弁解はしません」

「お願いします」「歌を歌わせてください」

裕一「諦めなさい」

アキラ「イヤです」「頼みます」

「今日の為に作ってきたんです」

「お願いします」

アキラの顔を見て、話しを聞いていた華も一緒に頭を下げた。

裕一は、手を出し「どうぞ」と言った。

アキラ「ありがとうございます」

アキラは席を立った。

裕一「華」「音楽業界はなぁ。厳しい世界なんだよ」

「音には、沢山苦労かけてきたんだ」

「同じ苦労してほしくないんだ。華には」

「反対してるのは、華を思ってだからだ」

「そこだけは分かってくれ」

華は「お母さん」と言って音に意見を求めた。

音は「そうねぇー」

「その分、楽しいことも多かったけど」と言って、

みかんを食べた。

 アキラがギターを持って、居間にはいってきた。

アキラ「華さんを思ってつくりました」

「聞いてください」「ムーン・ライト・セレナーデ

アキラはギターを弾きながら、歌い始めた。

 
<歌詞>

『うつむいて歩いた

 あの日の僕はきっと

 知らないままで

 恋や夢を

 探していたようさ

 見上げればきれいな

 夜空に輝いている

 月のようだね

 迷い はぐれ やっと見つけた

 愛をもう離さない

 離さないよ

 こんな気持ち

 初めてなのさ

 欲しいものは たったひとつ

 君の笑顔

 見せておくれ

 I Love you 』
 

裕一と音の結婚のとき

 曲が終わると、音と華が「あっはっはっはっー」と笑い始めた。

裕一が自分の鼻を指さした。

華「気合。はいりすぎ」

アキラは鼻血を出していた。

アキラ「あーっ」

裕一「華。手当してきなさい」

華「はい」

華は「上向いて」と言って、「来て」とアキラを連れて行った。

音「かっこいいところだったのに」

裕一「どう感じた?」

音は自分と裕一のお茶を片付けながら、「本気。感じましたよ」と言った。

裕一「だよねぇー」

裕一は黙って座っていた。

音はお茶を入れ替えながら、

音「ねぇ。裕一さん」

「アキラさんが、普通の仕事していたら、お付き合い 許しましたか?」

「何日間か病室を共にして、彼のこと、どう思いましたか?」と聞いた。

音「私たちも反対されました」

(裕一が豊橋の関内家を訪れたときの映像)

裕一「あんときの僕は、なんにももってなかったもん」

「よーく許してくれた」

音「そうねぇ」

「今でも『汽車は走り出しました。もう止まれません』って」

「あの言葉。時々、思い出す」

裕一「あれねぇー」

「あれで、父さんも急に『任せとけ』ってのせられちゃってさー」

「音は?」 「賛成なの?」

音「う~ん」

「裕一さんは仕事。私は女性関係」

「ひっかかるところはあるけど・・」

「さっきの歌を聴くと・・」

「頭はダメと言っとるけど、心が行けって叫ぶんです」

と言って、微笑みながら裕一の顔を見つめた。

自分の子供を信じる気持ち

裕一「いつのまにか親になって」

「いつのまにか、昔の自分、棚にあげて」

「安心とか幸せって言葉を隠れ蓑に」

「大切な何かを見落としてたのかもしれない」

音「なにかって?」

裕一「自分の子供を信じる気持ち」

「父さんも光子さんも、あんときは、僕たちを信じる気持ちだけで、許してくれたのかもしれない」

(裕一が福島の実家を出て、東京に向かうときの父と抱擁する回想シーン)

裕一はお茶を飲んだ。

裕一「ふたり。遅いな」

音「まさか?」「あっ。あっ。あの時私たちは」

(裕一が音にキスをする回想シーン)

裕一は音の顔を見つめ、慌てて立ち上がった。

裕一「華っ」と言って、廊下に転ぶ裕一。

華とアキラが廊下に立っていた。

音「遅かったわねぇー」

華「鼻血がなかなかとまらなくて」と言って、居間に戻って来た。

裕一「ふたりともほら。座りなさい」

四人が再び席についた。

裕一「アキラくん。どうして華なんだ?」と裕一はアキラに改めて質問した。

エールなどNHKの朝ドラや大河ドラマの見逃し動画配信は、U-NEXTのNHKオンデマンドサービスを利用しましょう!

 

31日間無料体験。いつでも退会OK

>>エール第116話の動画を見る

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  水産会社ならではの確かな品質! オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、中間業者を極力通さずに300種類以上の北海道の味覚を直接全国のお客様の元へお届け!
スポンサーリンク

歴史を楽しむテーマ別ツアー

スポンサーリンク
スポンサーリンク